自分でほうれい線を消す方法とは

お肌の悩みで気になることといえば、しわやシミ、肌荒れなどたくさんありますが、ほうれい線が気になるという方もとても多いですね。
ほうれい線もいわばしわの一種なのですが、口の横に入るしわで、かなり深いものになるので、できてしまうとかなり目立ちます。



これがあるのと無いのでは、見た目年齢が10歳くらい違ってきてしまいます。
できているとなると、どうにかして消すことが必要になりますね。
エステや美容クリニックに通うとかなりお金がかかりますし、ずっと消えているわけではないので一定期間経過すればまた施術に行かなくてはいけません。

では自分で何とかほうれい線を消すことができないかということですが、根気よくやれば可能です。

大阪でしみ治療情報は初心者にも分かりやすいです。

どうするかというと、まず保湿を徹底的にするというのが鉄則です。

化粧水をしっかり叩き込んで、上から乳液とクリームで蓋をします。


そのあと、ほうれい線を消すためのマッサージをするのですが、これは上からプレスするのではなく、下から押し上げるのがおすすめです。
下からというと、口の中からということになりますね。

NAVERまとめの情報サイトへお越しください。

毎日朝晩線の下に舌を当て、クルクルと円を描きながら上から下へと動かしていきます。

そして、親指を口の中に入れ、人差し指を線の上に乗せ、線を挟んで上から下へと押しつぶしていくのも有効なマッサージです。


ただ、後者のマッサージは肌荒れしやすい人にはニキビの原因となることもあるので、この場合は舌だけでできる前者のマッサージだけを根気よく続けていくとよいでしょう。

top